カテゴリ:映画( 11 )

2/15 プライドと偏見

2/15 プライドと偏見
ホテルルアンダやミュンヘン、見なければいけないと思う映画はたくさんあるし、見たい映画もあるのだが、体も心も疲労気味なのでこれを選ぶ。

・キーラ・ナイトレイさんはとても綺麗だ。五人姉妹の中、綺麗すぎて1人浮いてしまい、血が繋がってないみたいに見える程だ。(あの姉妹は全員血が繋がってないみたいだけど。)
でもこの映画で最も主役にふさわしいは、イギリスの自然の風景と歴史的な建造物だと思う。
イギリスってあんなにみずみずしいのだろうか。
多分季節は春夏だったと思う。
ヒロインが樹下で落ち込んでいるシーンで、服の上を虫が歩いていて、なんだかそれが良かった。

・国の設定や時代背景があいまいのままで、私はとっても気になった。予備知識不足で、生活習慣や決まり事を予測しながら見ていた。そういうのも楽しかったけどさ。知らないで見に来る私が悪いかも。本読んだ人はわかるのだろうけど。ああ、ちょっと読んでみたいな。

・せっかく五人の姉妹がいるんだから、一人一人の性格やエピソードをもっと見てみたいと思った。あのピアノをずーっとひいてる暗い女の子は、途中まで使用人かと思ってた。だって服も質素だし、笑わないし、ご飯もピアノの上で食べてるし!でも彼女、なんだか存在感があったな。東欧系の顔立ちのせいかな。
[PR]
by korimagiya | 2006-02-20 20:23 | 映画 | Comments(0)

らんろーららん

今更、ランローラランを見る。

ローラのファッション、かわいかった。あのライオンみたいなばさばさの赤毛、きっと走るシーンに生きるから採用したんだろうなー。実際とても似合っていた。トップとボトムは、パステルカラーなのだけれど、靴だけが黒のぼってりした革靴で、ちょっと違和感があった。抜けきらないのはドイツのお国柄だろうか。(偏見)

ドイツ(ベルリン?)が舞台なのだが、
登場する建物がどれも歴史がありそうな雰囲気で素敵だった。出てくるのは銀行とカジノくらいだけど。クリーム色の大理石の壁、黒光りした木材、ツボだー。

しかし一年ちょっと付き合った彼のために、命がけで走りまくる真似、私には絶対無理。
ローラ偉いよ。
c0015242_1513153.jpg

[PR]
by korimagiya | 2006-01-25 15:13 | 映画 | Comments(0)

IN HER SHOES

IN HER SHOES
キャメロン・ディアス 、トニー・コレット

ファッション性重視の作品かと思って軽視していたら、以外と人情を描いた映画らしい映画だった。スバラシイ。不意打ちだったのでハンカチもバッグから出しておらず、涙垂れ流し状態で鑑賞。こんなに入ってしまったのは、マギーとローズが私たち姉妹と似ているからかも知れない。

とにかく宣伝からうける印象と全然違っていた。
映画はこういうことがたまにあるから、食わず嫌いせずに、何でも見てみようという気になる。


最初、キャメロンの顔が怖くて集中できなかった。確かにNice bodyなんだけど。化粧のせいか?デブでださいという弁護士役の姉の方が、きれいに見えた。しかし映画も終盤になると、そんなキャメロンもだんだん可愛く見えてくるから不思議だね。


ナゼ、IN HER SHOESという題名にしたんだろう?
思ったほど靴は重要な役割は担っておらず、時々意図的に足下から始まるシーンを挟み込んでいるだけで、そんなに印象的ではない。原作ではもっと出番があるのかな?
でも確かにいろんな靴を履きまくるキャメロンはキュートだったよ。


服や小物、もちろん靴!もかわいくて楽しかった。
おじいちゃんやおばあちゃんたちも素敵。

久しぶりに元気な気分で帰れた。
[PR]
by korimagiya | 2005-11-24 14:03 | 映画 | Comments(0)

初恋のきた道

初恋のきた道を見た。
あれはチャン・ツィイーじゃなかったら、全く退屈な映画になってしまうかもしれない。
「プロモーションビデオかよ」って、ちょっと思ったが本当に可愛いので許してしまう。
四季の風景も美しかった。

先生の葬儀の行列に教え子が駆け付ける所と、
息子が1時間だけ学校で先生をするシーンには、感動してしまった。
女の子はただひたすら、先生においしい御飯を食べてもらおうと努力する。
あんなふうに好きな人に対して純粋に何かしてあげるのって素敵だ。
[PR]
by korimagiya | 2005-07-23 00:44 | 映画 | Comments(0)

バッドマンビギンズ

夜暑くて眠れない。クーラーをかけると熟睡できない。こないだは殺し屋に狙われ続ける夢を見てしまった。ひどい。こんな調子では死んでしまうぞ。なんとかしなければ。

6/30バッドマンビギンズを見る。バッドマンに惚れたー。かっこいい。シリーズのどの作品よりも今回のが段違いで良いよ。
全体を通してトーンダウンした色調で作られていて、それが私好み。チベットのシーンも良かった。ちょっと前方に座りすぎたかと思ったけど、景色を十分堪能できて良かった。音楽もかっこよかったな。映画音楽らしいオーケストラな感じで、低い太鼓の音が、心躍らせるー。指輪物語とかでもそうだけど、太鼓の音って戦闘意欲たかまるね。好きです。主演の男優さん、ライバルの人、執事の人もいい感じでした。


ラストで、ヒロインがあんな風にキスするのはどうなの?キスの前にハグくらいしろよ。あそこにリアルはいらないのか?とにかく映画のラストをキスで締めるのなんて安易だよね。。。

今日、ダロワイヨのマカロンを会社の子に頂く。あんなに小さくて可愛いのに、一個200円近くするのね。フランス人のお菓子魂、すごい。外側はかりっとして、中はしっとり、複雑な風味。関係ないけど、フランス語勉強しよう。
昼飯は、高円寺の中華料理屋で野菜冷やし中華をいただく。ゴマだれは家庭ではなかなかやれないので、嬉しかったです。
[PR]
by korimagiya | 2005-06-30 17:33 | 映画 | Comments(0)
不覚にも、電車男のスレを徹夜で読んでしまった…。しかも泣きそうになっちゃうし。

「 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」ショーン・ペン主演
精神的にやられる映画だった。もう耐えられなかった。
見ていられなくて目をそらしたのも、エンドロール中に席を立ったものも初めてじゃないかな。
彼に感情移入を1パーセントも出来なかったから、つまらなかった。辛すぎる映画はいや。
でも
友達は、感情移入しすぎて辛かったと言っていた。
[PR]
by korimagiya | 2005-06-18 04:35 | 映画 | Comments(0)
昨日、ミリオンダラー・ベイべーをみた。素晴らしい映画だったので、とやかく言いたくない。映画らしい映画だった。ああ、映画好きだ。
昼に行ったカフェで流れていた映画、リバー・ランズ・スルー・イット
A RIVER RUNS THROUGH IT。ブラッとピットが若かった。改めてみてみたいな。

フランス、ドイツ、イギリス。どこにするかまだ決められない。早く決めたい。
[PR]
by korimagiya | 2005-06-09 17:37 | 映画 | Comments(0)

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト
劇場でのテイラーでは特別に引っかからなかったのだが、
評判が良いらしいので見てみたくなった。

よく二時間にまとめたなーと思った。NHK夜にやってる海外の連載ドラマのような雰囲気だった。いや悪い意味じゃなくて。それを、全20話分濃縮して映画にした感じだった。
キャスティングが良かった。マイナーな人ばかりだったけど、どこから見つけてきたんだ?っていう絶妙なキャラクターが出てきて楽しかった。ルームメイトのヘビメタや、刑務所で出会うアジア系のマッチョな男(かっこいい!)。子役も上手だったと思う。七歳のエヴァン役の子が特に。大人の口汚い台詞をしゃべるシーンが自然で違和感がなかった。
幸せな時と不幸せなときで、スクリーンを色補正していたのが印象的だった。わかりすぎるほど変えていたのは、ちょっとおおざっぱなんじゃなかろうか?お国柄か?それから、アメリカのリッチな大学生ってあんななのか?カルチャーショックでした。
[PR]
by korimagiya | 2005-05-31 13:01 | 映画 | Comments(0)

恋愛小説家

映画が見れなくて、欲求不満で仕方ない。
まぁ、映画のせいだけじゃないと思うけど。
ランチによく、映画を無声で流しているカフェにいく。
気をつけないと集中しすぎて食べ終わらない。
こないだは、ベストキッド、そのまえはバグダッド・カフェ
今日は恋愛小説家が流れていた。
見たことがない映画だった。
ジャック・ニコルソンが駄目中年男を演じると、私はとても切なくなる。
彼のことが嫌いなのか好きなのかわからないけど、入ってくるんだよね。
アバウトシュミットの時もそうだった。

早く、恋愛小説家みたいなー。
[PR]
by korimagiya | 2005-03-11 23:53 | 映画 | Comments(5)

Finding Neverland

c0015242_22121859.jpg

Finding Neverlandを見ました。
ジョニー・デップは能力のある俳優ですが、この映画は違う人がやった方が良かったような気がする。彼のイメージが強すぎて、映画を純粋に鑑賞しにくい。
そんなこと言っても、セックスアピールを感じてしまいました。ケイト・ウィンスレットも素敵だった。子役は、どうだろう。かわいかったけれど。舞台が近世のロンドンで、衣装や小物が自分のすきな感じで楽しめました。表題でもある「Finding Neverland」のセリフを「ネバーランドを見つけて」と直訳していましたが、どういう意味なんだろう?気になった。
[PR]
by korimagiya | 2005-01-27 22:12 | 映画 | Comments(0)

八木メイ、誰かに見せることを目的としていない絵の練習帳がわりの雑多な内容です。


by 八木メイ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30